« 茶処の茶殻利用法 |トップページ | 緑茶まめ知識 »

2006年4月28日 (金)

緑茶料理を作ってみました!

Guzai_f_1


今日は、緑茶を使った健康料理のレシピを大公開!

お世話になっている堀口家のみなさんのために、常弘さんの奥様、京子さんに教えていただきながら、緑茶料理を作ってみました。


上手にできるかな・・・。


Kansei_3_1

堀口家のキッチンをお借りして作った、3品の緑茶料理。

以下、レシピをご紹介いたします。

※レシピ作りに関して、京子さんにご協力をいただきました


Supa_1_1

「緑茶スパ」


茹でたてのパスタに、オリーブオイルとお茶の粉末を混ぜ合わせて仕上げます。

お茶のほのかな苦味がやみつきになりますよ~。


  

          緑茶スパ レシピ


材料(4人分)


緑茶の粉末 小さじ 2

スパゲッティ 300g

完熟トマト 4個

シメジ 1株

にんにく 1かけ

バジル 5枚ほど

オリーブオイル、塩適量

A(お茶の粉末、 塩 小さじ1/2 オリーブオイル適量)


※お茶の粉末は、市販のミキサーを使って簡単に作ることができます


1.トマトの皮を湯むきします。鍋にお湯を沸騰させ、トマトを入れます。トマトの皮がむけてきたら冷水に入れ、皮を綺麗にむいて乱切りにします。


2.大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩少々を加え、パスタを茹でます。


3.パスタを茹でている間に具を炒めます。

フライパンでみじん切りにしたニンニクを炒め、香りを出します。トマトとシメジを入れ、千切りにしたバジルをふって更に炒め、塩こしょうで味を調えます。


4.パスタが茹で上がったら水気を切って、Aと混ぜ合わせます。お皿に盛って、具を乗せれば完成です。


お好みに合わせて、いろんな具を合わせてみてください。


  

Gura_2

「緑茶グラタン」


ホワイトソースに緑茶の粉を合わせて、鮮やかな緑色に仕上げます。

粉チーズをかけるときに一緒に緑茶の粉をまぶせば、更に綺麗な色を出す事が出来ますよ。お茶好きにはたまらない一品です。



  

          緑茶グラタン レシピ


材料(4人分)


緑茶の粉末 小さじ 2

えび 16尾

ほたて貝 16個

ほうれんそう 200g

塩・こしょう・粉チーズ・バター 適量


※ホワイトソース

薄力粉 50g

バター 50g

牛乳 3カップ

塩こしょう 少々


1.具を調理します。殻をむきワタを抜いたエビとホタテをバターで炒め、塩こしょうで味付けします。ほうれんそうは軽く茹でて水を切り、3センチほどに切っておきます。


2.ホワイトソースを作ります。耐熱容器にバターと薄力粉を入れ、電子レンジでバターが溶けるまで加熱します(出力700Wの場合1分30秒が目安です)。一度外へ出し、泡だて器でかき混ぜながら、牛乳を数度に分けて注ぎ、再び電子レンジで8分(出力700Wの場合)加熱します。途中で数回よくかき混ぜ、塩こしょうで味を整えます。


3.ホワイトソースに緑茶の粉末(小さじ 2杯)をよく混ぜ、バターを薄く塗ったグラタン皿に入れ、具を並べて粉チーズをかけます。220℃に熱したオーブンで20分~25分焼き、こげ目をつけて出来上がりです。


Mayo_1_1

   「スティック野菜 緑茶みそマヨネーズがけ」


お好みの野菜をスティック状にカットして、特製緑茶みそマヨネーズをつけていただきます。

 
緑茶みそマヨネーズの作り方

お茶の粉末 大さじ 1

マヨネーズ 大さじ 5

白みそ 大さじ 1

ゆず 少々

以上をよく混ぜて作ります。

緑茶独特の苦味が感じられ、絶品です。いつものマヨネーズにちょっと一工夫でいつもと違った味わいに。いろんな料理に添えてお使いください。


  


いかがでしたか?緑茶独特の香味や色合いを楽しむことができ、栄養価も高い緑茶料理。

みなさんもぜひ、召し上がってみてください!

2006年4月28日 | 茶畑生活 |

トラックバック

この記事へのトラックバック一覧です:
緑茶料理を作ってみました!:

コメント

新緑の彩りも鮮やかで、画面からお茶の爽やかな香りがしてきそうです。
今度是非チャレンジしてみたいです。

投稿: awaおばはん | 2006/04/28 13:37:21

「お~い お茶新茶 初摘み」を飲んだとき、どこかでこの精神(スピリッツ)に出会ったと感じました。今日、分かりました。お茶とスコッチのランデブー。最高級品はとても高くて庶民には手が出ません。でも、それなりのものをそれなりの値段で提供する。要するに、コスト・パフォーマンスがいいということです。いいものを庶民が買える値段で提供し、シェアする。

スコッチの世界にもありました。それは、材料の生産の話ではないですが、精神は同じです。グレン・オード(GLEN ORD)というスコッチです。石炭直火から蒸気蒸留方式に変えて、安い値段でそれなりのものを提供する。それなりの品質のものを量産して、広く提供するために工夫しました。

今回のお茶を飲んで、同じような精神(スピリッツ)を感じました。今日、ORDを飲んでやはり間違いないと感じました。

最高級品ではなくても、おいしいものを広く行き渡らせるということです。

ありがとうございました。

投稿: あ洋介! | 2006/04/29 1:52:40

限定品なので買い占めては駄目だと思い、合計3袋だけにしました。だんなさんが亡くなって、沖縄料理を出しているロック・バーのママさんに今日プレゼントしました。彼女は、つい最近くも膜下出血で倒れました。なんとか持ち直して、徐々に働き始めました。びっくりしたことに、彼女の名前が京子さんというのです。天の配剤だとしか思えません。堀口さんの奥さんが京子さんというのは、ほんのさっき知りました。びっくりです。

投稿: あ洋介! | 2006/04/29 2:26:13

そうか、今日はみどりの日だったんだ。納得。

投稿: あ洋介! | 2006/04/29 2:40:25

緑茶&ベシャメルソースの相性は、以前私も試作して納得の味♪でした。
鮮やかな色合いと香りが引き立つ調理法でもあり、相乗効果を生む双方が活きたお料理ですね。
活躍の場が本当に多い”緑茶”をもっと健康や料理&製菓の市場に送り出したいと感じています。
お写真にあるメニュー♪
とても美味しそうですね。


投稿: わこ | 2006/05/01 13:15:30