« 茶産地育成事業②お茶の樹の成長について |トップページ | 速報!「お~いお茶 新茶」発売! »

2006年4月22日 (土)

若き茶農家の星たち

Masakazusan_1_f


今日は、有明町のお茶を受け継いでゆく、若いお茶農家のみなさんに集まっていただきました。

茶業に対する思いや、日々の農作業の喜びなど、たっぷりと語っていただきましょう!


まずは、集まっていただいた4人をご紹介。


Wakaki_ff_1


さっそく、みなさんに質問してみました。


~まずはじめに、お茶農家を継いだ理由は何ですか?


正和さん
「小さい頃から親の農作業の手伝いをしてましたし、鹿児島県の農業大学校を卒業して。自然に継いだという感じです。」


真輝さん

「小学校の先生を辞めて、どうしようかと思ったんです。長男ですし、将来は地元で親と暮らしたい。そう思ったとき、実家にお茶畑と茶工場があるなあ、と。それで帰ってきました。」


勝幸さん
「跡を継いだら車買ってやるって言われて。それが最初のきっかけでしたね。結局、自分で買いましたけどね。」


~ははは、車ですか~。家業を継ぐ理由も様々ですね。

では、みなさん実際に、お仕事を継いでみてどうでしたか?


健太郎さん
「小さい頃には家業を手伝う機会があまり無かったんですが、その分今になって、辛さはもちろん楽しみがよく分かります。この仕事を継いで良かったと思っています。」


勝幸さん

「毎日充実しています。子供も産まれますし、ますます頑張らないといけませんね。それと、最近弟が帰ってきて一緒に働いているのですが、まるで子分が出来たようで、とても楽しいですよ。」


~わかりました。

みなさんは、お父様の跡継ぎとしてお茶を始められたということで。お茶農家の大先輩でもある、お父様の存在に関して、どんな思いがありますか?


真輝さん
「昔、霜対策のため夜中に起きて茶畑に行ったりしているのを見て、いつ寝てるんだろうかと疑問に思っていました。働いているイメージしか無かったんです。でもそういう姿を直接見ている分、今親に感謝してる気持ちは大きいです。」


正和さん
「一緒に働いていて思いますが、仕事にとても厳しいです。それで仕事の上での喧嘩もよくするんですが、次の日になったら忘れてますね。あの歳で、毎日お茶の事をガンガン勉強してますから、敵わない事がまだまだ多いと感じています。」


~なるほど。では、これまでお茶の仕事をしていて、一番嬉しかった瞬間ってどんな時ですか?


正和さん
「普段親父は無口なんですが、ある時ふとした瞬間に、“よくできるようになったね”って、ぼそっと言われた事があるんです。あれは、嬉しかったですね。仕事が認められた気がしました。」


健太郎さん
「荒茶加工の後に、自分のイメージした通りの、良いお茶が出来た時だと思います。一番やりがいを感じる瞬間だと思います。苦労も多いですが、良いお茶が出来た瞬間の満足感には、代えがたいと思います。」


真輝さん
「やっぱり通帳を見たときかな(笑)。今年も頑張ったんだなあって実感がわいて、やった!って思いますよ。」


~あっはっは。

みなさん、お忙しいところをありがとうございました。

まだまだお仕事大変かと思いますが、頑張ってください!


今回集まっていただいた4人は、若い茶農家の方々が作る“若葉会”という集まりを通じて、茶業に関する情報交換などをしています。得た技術や方法を個人のものにせずに、お互いに切磋琢磨して茶業全体を考えてゆく。若葉会の発起人は、実は泰久さんたちの世代です。横同士の強いつながりと固い結束が世代を超えて、彼らの間に脈々と根付いている事を感じました。


それに、若くしてお嫁さんをもらい、可愛いお子さんが産まれ、農業と言うまさに大地に根を降ろした生活をしている彼らを見ていると、私みたいな風来坊にはとても羨ましい事に思えてしまいます。


それに福田正和さんは、こうも言っていました。


「自分の息子には、やはり自分の跡を継いでほしいと思っています。苦労もありますが、素晴らしい、やりがいのある仕事だと思っていますから。」


小さい頃からお父さんやお母さんが働く姿を実際に見て、苦労や喜びを知っているからこそ、こういった思いも強いのだろうか、と思います。みなさん、自分の仕事に誇りを持って取り組んでいました。有明の茶業は安泰ですね!


Wakakichanouka

3月撮影

記念に、4人でパチリ

彼らの若い力が、伊藤園のお茶をもっともっと美味しくしてゆきます。



2006年4月22日 | 茶畑生活 |

トラックバック

この記事へのトラックバック一覧です:
若き茶農家の星たち:

コメント

和菓子、洋菓子なんでも来い!なので色々好きなのはありますが、どら焼は飽きませんね。特に粒餡のを好んで食べます。大原松露饅頭も美味しいですが、あの店の新製品で、名前は忘れましたが、黄な粉をまぶした丸い大豆?パリパリして癖になる美味しさです。

投稿: 武津みなこ | 2006/04/23 16:55:06

私も長男で私の実家(鹿児島県南大隅町)も農業をしています。特にジャガイモ、キヌサヤ、インゲン等です。私も3人子供がいますが、現状では農業(畑が少ないです)で生活することは出来ません。若き茶農家の皆さん、とてもうらやましいです。最後に、これから非常に大変だとは思いますが、とてもおいしい、お~いお茶を作ってください。

投稿: 白川 幸浩 | 2006/04/23 19:08:33

いつもHPチェックしてます。
私の家も忙しい頃だと思います。

私は静岡にいるので家の手伝いができなくて残念です。
これかもよろしくお願いいたします。

投稿: 有田翔 | 2006/04/24 13:20:48