トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

財部町から茶畑レポート [茶畑生活]

Takarabe0621_1

6月20日撮影

財部町のお茶畑


今回私は、「お~いお茶」の原料茶を栽培している伊藤園の契約農家のひとつがある、鹿児島県曽於(そお)市 財部(たからべ)町にやってきました。


鹿児島県内でも有数の茶産地として数えられる、財部町。その財部町で茶業を営む田畑隆俊さんに、お茶づくりに対する思いを聞いてみました。

__________________________


財部町は鹿児島県と宮崎県の県境に位置する自然豊かな町です。町に入ってすぐ目に飛び込んできたのは、財部町自慢のお茶畑でした。お茶の他にも、お米やサツマイモ、カボチャに里芋、シイタケなどなど、たくさんの農作物が霧島山麓の綺麗な空気と水の元でのびのびと育ち、全国の消費者のみなさんの元に届けられています。


そんな財部町の、大自然のど真ん中で茶業を営む田畑隆俊さんに、ご自身の茶業に対する思いを語っていただきました。


Tabatasan_1_1

同日撮影 

財部町の茶農家 田畑隆俊さん

第一印象通りの、とっても優しい方でした


ちょうど梅雨の中休みで気持ちよく晴れたその日、お茶畑を一緒に歩きながら、田畑さんは財部のお茶について親切にお話してくれました。


~はじめまして、田畑さん。よろしくお願いします!


「はい、こんにちは。こちらこそよろしくね。」


~田畑さんが育てたお茶は「お~いお茶の原料として使用されているとのことですが、茶業をされていてどんな時に達成感を感じたりしますか?


「お茶は長い年月をかけて作り上げるものですから、製品になった「お~いお茶」を見ると大きな達成感を感じます。お茶の栽培には努力と根気が必要です。(茶畑日記 新茶編「お茶の樹の成長について」)特に霜の被害には大きな注意が必要ですし、そういった苦労がある分、報われるという気持ちが強いですね。今年のお茶もなかなか良い出来ですよ。」


~では次に、茶業を行う上で財部町の特徴に関して教えてください。


「そうですね、財部町は霧島山麓にあって標高が高く、また川が近いため、地形的に霧が発生しやすいという特徴があります。この霧によって、茶葉に当たる直射日光を適度に遮る事が出来るため、葉緑素を増加させ、旨味成分のアミノ酸も多くなるんです。(6月23日記事「茶畑をおおう謎の黒い幕“寒冷紗”とは?」)その結果旨味成分のアミノ酸が多い、美味しく香り高いお茶が出来上がります。意外かもしれませんが、霧というのはお茶の生育にはよい効果を与えるんですよ。」


~なるほど!霧という気候条件も、お茶の美味しさに一役買うんですね。知らなかったなあ~。


~伊藤園との契約栽培を行っていると聞いていますが。


「はい、“昔がえりの会”という団体に属する、私も含めた11の茶農家が、伊藤園さんと契約しています。“昔がえりの会”のメンバーである11農家は、堆肥や魚粉といった有機肥料を使って、伊藤園の農業技術部の方々と協力し合い、昔ながらの安全でおいしいお茶づくりに取り組んでいます。」


“昔がえりの会”ですか。これは興味津々。他の茶農家の方へも取材したりして、後日この会についてもっと詳しい記事をお届けしますね。


~契約栽培を行う一番のメリットはどこにあると思いますか?


「お茶は、相場によって価格が変動する作物です。契約栽培をすることが、安定した収入につながるというのは大きな魅力です。今、財部町では農地の造成も行っています。もっと面積を増やして財部町のお茶をアピールし、消費者のみなさんにとっても、茶業の後継者たちにとっても、財部町がもっともっと魅力のある茶産地に育って欲しいと願っています。」


Zousei_1


6月21日撮影


新たに苗木が植えられた財部町のお茶畑


~わかりました。最後に、消費者のみなさんへ一言お願いします。


「安心、安全で香り高い財部町のお茶を、消費者のみなさんにぜひとも楽しんでいただきたいと思っています。」


~田畑さん、今日はありがとうございました!



Cat_1


豊かな自然の中で、田畑家の猫たちものびのび生きてます。


このコは、偵察にやってきた一匹


「お前誰だにゃ?」




_________________________


「茶畑日記写真館」~初夏のお茶畑


Asahi_2

6月20日撮影

ちょうど梅雨の晴れ間


久々に差し込んだ陽の光を受け


お茶の葉たちの喜ぶ声が聞こえてくるようでした

2006年6月30日 | 茶畑生活 |
| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

フォトコンテストに応募してみませんか? [伊藤園情報]

Park_2

初夏の公園のベンチ

お~いお茶でほっと一息


「お~いお茶フォトコンテスト」開催中!

撮影にチャレンジ!

_________________________


「もっとお茶を楽しみましょう」のコーナーでは、前回から引き続き「お茶の楽しみ方」を募集中です。テーマは


「オススメ茶菓子」

「我が家のお茶レシピ」

「お役立ちお茶活用法」


についてです。みなさんもトラックバックしてみてはいかがですか?

また、今回はそれに加え、「日本の四季とお~いお茶」と題しまして、みなさんから思わず“お~いお茶”を飲みたくなってしまうような、“お~いお茶”によく合う初夏・梅雨時の風景写真を募集中。入賞者の方には、音楽ギフト券がプレゼントされます。

応募方法はこちら


そこで、実は大の写真好きの私もチャレンジしてみました。

さてさて、上手に撮れるでしょうか?


これはある公園のベンチです。時々、ここでほっと一息ついています。


みなさんもぜひ、思わず“お~いお茶”が飲みたくなる日本の風景を写真に撮って送ってくださいね!

2006年6月27日 | 伊藤園情報 |
| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

茶畑をおおう謎の黒い幕 “寒冷紗(かんれいしゃ)”とは? [茶畑生活]

Kan01_1

有明町のお茶畑(5月29日撮影)


摘採を間近に控えたお茶畑をおおう謎の黒い幕“寒冷紗(かんれいしゃ)”って。。。?


もしかすると、農業や家庭菜園などをしている人は、寒冷紗のことをご存知かもしれません。でも、多くの人にとっては、まさに謎の物体。

今回はその“寒冷紗”についてお伝えします!


__________________________


Kan02_3


上の写真は、5月下旬に丘の上から撮った有明町のお茶畑の写真です。ところどころ黒い部分が目立ちますが、それが寒冷紗のかぶせられている畑です。茶樹の品種や地形、地域によって、かぶせたりかぶせる必要がなかったりするそうです。また、かぶせるにしても、摘採時期や品種によってかぶせる期間は異なるとのことです。


“寒冷紗”という名称をぱっと見ると、いかにも「寒さを防ぐためだけのもの」という印象がありますよね。私も、寒さを防ぐためのもの?としか考えていませんでした。寒い夜に霜が降りることは、お茶にとっては大敵ですからね。(茶畑日記・新茶編「霜注意報発令」)

しかし聞くところによると、この寒冷紗には別の利用目的も隠されているらしいのです。


もちろん「霜を防ぐ」目的があります。昔、まだスプリンクラーや扇風機などの防霜設備が無かった時代は、寒冷紗が霜よけの主役だったそうです。


そしてもうひとつの目的が、茶樹の品種によりますが、茶葉の色と味わいに変化をもたらす葉緑素を増加させるということです。寒冷紗が日光を遮る率は70~80%。お茶は寒冷紗の下で光を求めてぐぐっと葉を開き、葉緑素を増加させるのです。植物の持つ本能を利用しているわけですね。


Kan03_1


左は、寒冷紗をかぶせたお茶の葉

右は、寒冷紗をかぶせなかったお茶の葉

色の変化がはっきりと分かりますね


ただ、先程もお話したように、茶樹の品種や地形、地域によって、かぶせたりかぶせる必要が無かったりするそうです。

お茶の産地で言えば、静岡に比べて鹿児島や宮崎で多く使用されるそうで、これは植えている茶樹の品種の違い以外に、日差しの強さも関係しているそうです。


いかがでしたか?お茶農家のみなさんの知恵の結晶の1つ、それがこの寒冷紗なのです。お茶を包み込んで変身させる、謎の黒いヴェール“寒冷紗”のヒミツ。 私も、とっても勉強になりました!



「茶畑日記写真館」~寒冷紗の下には?


Syasinkan02_160_1


5月29日撮影


寒冷紗の下で力を貯えた茶葉たち

生命力溢れる深い緑色に変身しています

2006年6月23日 | 茶畑生活 |
| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

お茶の樹植え付け体験 [茶畑生活(ビデオ付き)]

Shin_syoku01

5月30日撮影


前回の茶畑日記で、「お茶の樹の成長について」というタイトルで、お茶の樹の赤ちゃんといえる苗木を植えてから、お茶の樹が実際に成長し、摘採が行われるようになるまでを紹介しました。


実は先日、私は実際にお茶の苗木の植え付けを有明町で体験する事が出来たんです。

梅雨時には珍しく、気持ちよく晴れた空の下、とっても貴重な体験をしてきました。今日は、その時の模様をレポートいたします。


_____________________________


植え付けをした当日は、まぶしいくらいの日差しの中、鳥のさえずりが聞こえる気持ちの良い日でした。踏みしめる畑の黒い土は、いかにも栄養満点といった感じのふかふかさで、私の黒い長靴の足底に気持ちの良い感触を伝えてくれました。


この日苗木を植える予定の土地面積は約3,500平方メートルで、これはサッカーコートの約半分に相当する広さです。ここに、2日間かけて約6,000本のお茶の苗木が手作業で植えられます。

7人の農家のみなさんで、お茶の苗木を一つ一つ丁寧に植えてゆきました。


Shin_syoku02

同日撮影


植え付けられた苗木


白く見えるのは、地表の水分の蒸散を抑えるためのビニール。苗木の状態ではまだ根の張り方が弱く、水分を吸収する能力が未熟なため、この白いビニールで保水しなければなりません。またこのビニールは太陽光を遮断する事で、お茶の樹以外に雑草が生えるのを防ぐ役割も持っています。


このようにデリケートな苗木は、細心の注意を払いながら、愛情いっぱいに育てる事が必要です。


さて、早速私も、みなさんに混じって苗木の植え付けを体験してみました。


Shin_syoku03

同日撮影


植え付けの様子


ビニールにまず穴を開けて、ポット(苗木を植えてある、主に紙で出来た小さな植木鉢)ごと苗木を植えてゆきます。ぐらつかないようにしっかり土を被せて・・と。


そして10数分後、


「アイタタタタ・・・!」

あわわわ、長時間続く中腰の体勢で、腰や膝が痛~い!おまけに、立ちくらみが・・。


お茶農家のみなさんは、さすがこの作業に慣れているのか、すごくタフに仕事をこなしています。世間話をしながら、リズミカルに苗木を植えてゆきます。強いなあ・・。私はと言えば、日ごろの運動不足がたたってか、次の日は全身筋肉痛に・・。情けない事ですよ。


1日の農作業を終え、広い畑に植えられたお茶の苗木を見て、みなさん満足気でした。今回植えたお茶の苗木が数年後に無事摘採を迎えられますように(祈り)。そしていつか、自分で植えたこのお茶の味を、私も実際に味わってみたいものです。


「茶畑ビデオ」~苗木植えのお手伝い


Shin_syoku

お茶の苗木を植えたときの模様を、ビデオに撮ってみました。



button_win  button_mac

2006年6月20日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (7) | トラックバック (1)

2006年6月16日 (金)

伊藤園の茶畑づくりについて また聞いてきました [伊藤園情報]

Miya_1_1


伊藤園は、いつでもおいしい「お~いお茶」をつくるため、品質の確かな国内産茶葉の安定確保を目的に茶畑をつくる取り組みをしています。今回は、この“茶産地育成事業”のお話を聞くために、宮崎県都城市にやってきました。

________________________


Miya_2_1

平成14年に植えられたお茶畑。5月中旬に撮影。


実は、「お~いお茶 茶畑日記 新茶編」の4月20日(木)記事「茶産地育成事業」の取材で、一度来ている場所なんですよ。この取り組みに非常に興味を持った私なのですが、やや忘れてしまったこともあるかと思い、伊藤園の農業技術部の伊藤さんが都城に来ていると聞いて、再度訪問してみました。


まず、伊藤さんとお話しする前に、なぜ伊藤園がこの取り組みをするようになったのかを、簡単に説明します。


普段の生活の中で、緑茶飲料を飲む機会が多くなってきていますよね。実際に、私たちの周りには、ペットボトル入り緑茶などの飲料製品が増え、緑茶の飲用シーンが多様化した結果、国内の緑茶飲料の消費量は増加傾向だそうです。

私もそうですが、健康志向が高まっていることも増加の要因かもしれませんね。


それなのに国内では茶農家の高齢化と後継者不足のため、茶農家の数が減少傾向にあり、緑茶の生産量はここ10年間、ほとんど増えていません。すなわち国内産の、安心・安全で美味しいお茶を求めるみなさんにとっても、また「お~いお茶の原料茶葉は国産100%」を掲げる伊藤園にとっても、「お茶が足りなくなるかも!という心配な状況になっているわけです。さあどうしましょう!


そこで伊藤園は考えたそうです。「国産茶葉の安定確保と、茶農家育成のために、自分たちで茶畑をつくってしまおう。」そしてその結果生まれたのが、お茶の樹を植えて茶畑をつくるこの“茶産地育成事業”というわけです。



では、都城市での茶産地育成事業について伊藤園農業技術部の伊藤さんに聞いてみました。

~伊藤さん、よろしくお願いします。


「はい、よろしくお願いします。」


~まず、前回はあまり深くお聞きできなかった都城での茶産地育成事業の現況について教えてください。


「わかりました。

都城ではお茶の樹の植え付けを平成14年からはじめて、今年で目標の100ヘクタールの面積が完了しています。茶畑では約200万本ものお茶の樹が育っていて、去年から一部の茶畑で摘採も始まり、茶葉の品質とともに今後の収穫量にも期待が持てますよ。


~すごい!事業は順調なんですね。しかし、これだけの大きな事業を行うからには、それなりの困難がつきものだと思います。事業を行ううえでの苦労とは何ですか?


「そうですね。まず、お茶の栽培には広大な農地が必要になります。そのため、お茶を栽培できる土地が十分にあるか、土地がお茶の栽培に適しているかなど、事前の綿密な調査が幾度となく行われました。

また、農作業の方法や考え方について、都城の農家のみなさんとの話し合いが必要でした。これは土地に合った栽培方法を実践するために重要な事です。


~なるほど。そんな苦労の積み重ねの中で生まれた茶産地育成事業。そのメリットは?


「まず、第一に確かな品質の国産茶葉の安定確保が図れることです。また、様々な品種の茶葉を多く確保することで、製造できるお茶の香りやバリエーションも広がり、お客様の多様なニーズにも素早く柔軟に対応することが出来ます。

それに、茶園造成の段階から現地のみなさんと話し合っていくことで、栽培から緑茶飲料製品になるまで一貫した考えの元でお茶作りが出来ます。つまり私たち伊藤園の理想とするお茶のイメージを農家のみなさんに伝えやすく、より高品質な茶葉を作る事が出来るのです。


~そうでした!苦労の分だけ、とても多くのメリットがあったんですよね。まだまだいろんな苦労があると思いますが、頑張ってください。


伊藤さん、ありがとうございました。


この事業の発端になったのは、「お客様に安心・安全でしかも美味しい、国内産の原料でつくった“お~いお茶”をお届けしたい」という伊藤園の強い願いから。

また、これで日本のお茶の将来も安心ですね。


私も、いつか都城が有名なお茶の産地として、全国に知られるようになるのを心待ちにしています。


Miya_3_1

都城での茶産地育成事業に深く関わっている、伊藤園農業技術部の伊藤さん

毎日の茶畑の生育のチェックに余念がありません

2006年6月16日 | 伊藤園情報 |
| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

おすすめ緑茶レシピ大公開! [緑茶まめ知識]

Ryouri_1_1

緑茶料理を試食中の、堀口家のみなさん


今日は、読者のみなさんからご応募いただいた「我が家のお茶レシピ」を元に、緑茶料理に挑戦しました!みなさんおすすめの緑茶料理、美味しく再現できるかな?


[※今回もお茶の楽しみをトラックバックしてくれた方には“お~いお茶 PET500ml”を1ケース(24本)、抽選でプレゼント!募集期間6月9日~8月31日]


今日も緑茶料理の味見をしていただいたのは、堀口家のみなさんです。


Ryouri_4_1

■「鮭茶漬け」

アッキーマウスさんからの投稿レシピ

2006年4月 4日 (火)


『我が家のお茶レシピ』を紹介します

お茶レシピといえば、お茶漬

家では、市販のお茶漬けのもとに塩こんぶ

焼鮭をほぐしたもの(皮付)を入れて食べます。

この鮭の皮を入れるのが1番のポイント!

少しこげ気味のほうがおいしいです

堀口家のみなさんに、鮭の塩味と緑茶の深い香味が合わさって、最高に美味しい!との評判をいただきました。少し焦がした鮭の皮も、香ばしくっていい味出していましたよ~。


また、伊藤園の“お~いお茶 濃い味”のリーフでも試してみましたが、濃い味のお茶で作るお茶漬けというのもとっても美味しいものでした。


ちなみに、あっさりした軽い風味を楽しみたい方には二番茶がおすすめ。これからの食欲がなくなりがちな暑い季節には、さっぱりしたお茶漬けがぴったりだと思います。いろんな味のお茶漬けを作ってみるのは楽しいですよ。みなさんもぜひ、試してください。


アッキーマウスさん、ご紹介ありがとうございました!


Ryouri_5

■「えびと緑茶の炒めもの」


もにゅさんからの投稿レシピ

2006年4月 9日 (日)

<材料> 緑茶・えび・塩こしょう・片栗粉・卵白・油・紹興酒・チンゲン菜

(全て分量は適当)

<作り方>

・えびは背開きし、塩こしょうをふって、卵白と片栗粉を混ぜてコネコネしておく。

・緑茶は熱湯を少しだけ加えて葉を開いておく。

・油を熱したフライパンにえびを入れ炒めて、お茶っぱと紹興酒と塩こしょうをテキトーにふってさらに炒める。

・茹でておいたチンゲン菜と一緒に盛り付けて出来上がり。


お茶の香りと紹興酒って、意外と合います。日本の緑茶と中華の出会い、ですね~。とても美味しくて、あっという間にお皿の上から消えてしまいました。もにゅさん、ありがとうございました!


Ryouri_7


■「緑茶ゼリー」


なおうめさんからの投稿レシピ

うちでは子供がいるのでお茶を使ったゼリーをよく作る。

甜茶、ローズヒップティーなどの紅茶、ほうじ茶、緑茶なんでもあり。できたゼリーにいろいろな甘いもの(コンデンスミルクやハチミツ、黒蜜、メイプルシロップなど)をかけて食べます。

微妙な味もあるにはあるさ・・・でも最近では寒天がはやってるし、ローカロリーだし簡単おすすめかも。 ちなみにお~いお茶はもちろん、私はお~いお茶の濃い味が大好き

寒天をお湯で煮溶かして、少し冷ましてから緑茶の粉末を入れ、水を入れた器に入れて固めました。緑茶特有のほろ苦さと、甘い黒蜜やあんことの相性が最高!なおうめさん、レシピの投稿ありがとうございました!


Z_f

緑茶ゼリー(こちらは牛乳とフルーツ入り)


牛乳とフルーツ入りも作ってみました。こちらは涼しげな色合いが、夏のデザートにぴったりという感じです。市販の寒天を使って簡単に作れますので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね。


どれも、とっても美味しい緑茶料理でした。レシピを投稿していただいたみなさん、本当にありがとうございました!


Ryouri_9

「美味しいね~」

緑茶ゼリーの味に大満足の、

けいこさん(左)とめぐみさん


この他にも、緑茶を使ったいろんなレシピを、

「緑茶レシピ」で紹介していく予定です。楽しみにしていてくださいね!

2006年6月13日 | 緑茶まめ知識 |
| コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月12日 (月)

再びお茶の町 有明町より [茶畑生活(ビデオ付き)]

Hutatabi_01_1

5月下旬撮影

有明町の茶畑



「茶畑日記第2弾」では、これまでの中心舞台であった鹿児島県の他にも、宮崎県や、静岡県などにも私が出かけ「お~いお茶」に関わる情報をレポートします。


多くの茶産地からお茶に関する様々な情報をお伝えする事になるのですが、まずは前回の中心舞台であった有明町から、この「茶畑日記第2弾」をスタートさせることにいたしましょう。

_____________________


ということで、お茶の町・有明町に戻ってきました。有明町のお茶農家のみなさんは、新茶、つまり一番茶の摘採や荒茶加工を終え、次の二番茶の農作業で、相変わらずの忙しい日々を送っていました。そして私は、前回とってもお世話になった堀口家のみなさんと、とっても嬉しい再会を果たしたのです。


~みなさん、また、来ちゃいました~!

泰久さん 「何だ、また来たの?」

~また来たのって・・。泰久さん、相変わらず冗談きついなあ。(涙)

泰久さん「ふっふっふ。」


・・・いやー、照れ屋の泰久さんのジョークも健在で、嬉しい限りです!


(泰久さんや堀口一家について、詳しくはこちらを参照)

Hutatabi_02_4

二番茶葉の出来を入念に調べる

泰久さん


さて早速ですが、堀口泰久さんに二番茶について聞いてみました。そもそも、二番茶とはどういうものなんですか?


「二番茶は、読んで字のごとく一番茶の次に摘採されるお茶の事です。地域や品種によって差はありますが、新茶の摘採を終了してから大抵45日後ぐらいに、再び成長した茶葉を摘採したものです。


味に関して言えば、二番茶は新茶に比べてすっきりした飲み口で、少し苦味があります。脂っこいものを食べた後の口直しなどには、ちょっと苦い二番茶が合います。二番茶の味の方が好みだという人もいますよ。
また、一番茶に比べて、一般的にカテキンが多く含まれていると言われています。このカテキンは、緑茶の味の主成分である“ポリフェノール”
の一種で、美容や健康への効果ありと評判ですよ。」


~そうなんですか。第一弾の茶畑日記(2006年3月31日)でも出てきたカテキンが多く含まれているんですね。

なるほど、新茶とはまた違った魅力が二番茶にはあるようです。

~では、今年の二番茶の出来はいかがですか?


「まず、今年の新芽は、冬の適度な寒さのため休眠期間が十分に取れ、栄養分をしっかり貯えることが出来、春になって気温も順調に上昇し、とっても美味しい新茶となりました。

新茶の味や香りの良さは、二番茶以降の出来にも大きく関わってきます。ですから今年は、二番茶以降のお茶も期待できますよ!


~なるほど、二番茶の出来具合も楽しみですね!


泰久さん、ありがとうございました!


今後も「茶畑日記」では、二番茶、三番茶と、茶畑の様子にあわせて、多くのお茶情報をお伝えしていく予定です。みなさんどうぞお楽しみに!

_______________________


「茶畑ビデオ」~雨のお茶畑



Ame_130


5月27日撮影
梅雨時期、しとしとと雨の降る静かな茶畑です。


button_winbutton_mac

2006年6月12日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

茶畑日記第2弾スタート! [茶畑生活]

Saikai_1

5月下旬撮影

有明町の茶畑


お久しぶりです!


お~いお茶 新茶の「茶畑日記」がひと段落してはや1ヵ月。

蒸し暑い季節がやってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

美味しいお茶を飲んでいますか?

お待たせしました!

「お~いお茶 茶畑日記第2弾」いよいよ本日再開します!


_____________________


前回「茶畑日記」では、伊藤園の「お~いお茶 新茶」が発売されるまでを、鹿児島県志布志市有明町のお茶農家、堀口一家のみなさんの協力のもとレポートしてきました。


その他にも、緑茶料理のレシピや緑茶の利用法、緑茶の美味しい淹れ方、新茶の美味しさの秘密や伊藤園のお茶作りへのこだわりなど、お茶に関するあんな事こんな事をたくさん紹介してきました。今日初めて茶畑日記を読み始める方は、これまでの茶畑日記バックナンバーも、ぜひ読んでみて下さいね!


Tekisaisokuhou_1_r_1

4月12日撮影

新茶の摘採


さて第2弾としてスタートする「茶畑日記」は、新茶、つまり一番茶を摘採した後の二番茶、三番茶についてのお茶の話を中心に、週2回程度の更新でお伝えしていきたいと思います。その他にも、お茶の豆知識や緑茶を使ったデザートのレシピ、ビデオでの緑茶の淹れ方紹介などなど、前回に負けないラインナップでお送りします!どうぞお楽しみに!

_____________________


「茶畑日記写真館」~摘採前の二番茶葉

Syasin_kan_01

5月下旬撮影


初夏の汗ばむ陽気の中、生命力を感じさせる深緑の茶葉が

風になびいていました。

2006年6月 8日 | 茶畑生活 |
| コメント (4)