« お茶の「昔がえりの会」財部支部の取り組み | トップページ | お茶農家がとても気を遣う農作業~整枝(せいし)作業ってなに? »

2006年7月25日 (火)

お茶の花?

Chanomi_s_1

この茶色の物体の正体は?答えは、後ほどのお楽しみ!


みなさん、お茶の樹って、どんな花を咲かせるか知ってますか?

というわけで今回は、お茶の花と実に関するまめ知識を、みなさんに紹介いたします!

__________________________


Tea_flower_1


じゃーん!これがお茶の花です。だいたい白い色をしていて、直径3~5cmくらいの可愛らしい花が咲くんですよ。それはそうとこのお花、ある花に似てると思いませんか?そう、椿(つばき)の花にとってもよく似ていますよね。その理由を知って私も納得。お茶って、実はツバキ科の植物なんですって。もっと詳しく言うと、ツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑樹(じょうりょくじゅ)、って言うらしいですよ。常緑樹とは、一年中葉をつけている樹木のことです。よく見れば、葉っぱも椿にちょっと似ています。


6091676_1

こちらは椿の花です

やっぱり似てますね!


さて、一方の実の方はというとどんな感じなんでしょう。やっぱり椿に似ているのかな?


Chanomi_d_1

左側がお茶の実、右側は椿の実です


固い殻に包まれているところや殻の色など、やはり実の方もよく似ていますね。成分も椿に似ているため、中国ではお茶の実を採れる搾(しぼ)って油を、今でもよく「椿油」のように食油や化粧品としても使うそうです。日本でも戦時中の物資が不足していた時代では、茶の実の油を搾って使用していたと、有明町の元お茶農家のおばあちゃんが教えてくれました。


また、「茶産地育成事業② お茶の樹の成長について」「お茶の樹植え付け体験」でお話したとおり、現在お茶の樹は、実や種を植えて育てるのではなく、「挿し木(さしき)」の技術を用いた栽培が行われています。だから、お茶農家のお宅に行っても、必ずお茶の実があるわけではありません。


それに、お茶を農作物として育てる場合、花や実をつけるということは、そのための栄養分を余計に使ってしまうことになります。だから、今のお茶畑では、花が咲いている風景を見ることはあまりありません。でも、お茶の樹を垣根などの用途で育てた場合は、お茶は普通の樹のように上に伸びながら成長しますので、可愛いお茶の花を見る事が出来るかもしれませんよ。
 

いかがでしたか?まだまだお茶には、私やみなさんの知らないたくさんのまめ知識が隠されていそうです。お茶って、とっても奥深いですね!

2006年7月25日 | 緑茶まめ知識 |

トラックバック

この記事へのトラックバック一覧です:
お茶の花?:

» お茶の花 トラックバック 森のうえには大きな空が
 ブログを初めて「花」の記事を書き始めてから・・・「この花は絶対載せなくちゃ」と 続きを読む

受信: 2006/08/07 16:02:20

コメント

お茶は椿の仲間だったんですね。
初めて知りました。

投稿: オリヒカ | 2006/07/25 21:15:33

お茶の花は、とても可憐ですね。
実も椿にそっくりですね。
ツバキ目ツバキ科ツバ属でしたか!
一つ勉強になりました。
お茶を垣根に出来たら最高ですね。

投稿: まりん | 2006/07/26 21:36:34

栗かと思った。。。^^

投稿: tanuki | 2006/07/27 10:49:32

実は私も栗かと思いました。
お茶の実なんですね・・・ビックリ!

投稿: ねお | 2006/07/27 20:56:02

昭和10年代終わり頃、当時東京で小学生だった私は、食糧難で配給の米が無くなると、農家へ行ってさつま芋を買って来て、飢えを凌いで居りました、今の西武新宿線で初めは上石神井、ここで売ってくれなくなると所沢、入曽とだんだん遠くまで買いに行きました、どこへ行っても農家の屋敷の回りは大きな欅の木に囲まれて居て、駅から農家までの道は畑の周りにお茶の木が植えてありました、道すがら茶の実を取り
食べられる訳でも無いですが、家に持ち帰りました、懐かしいです、小型ですが胡桃のように外皮がはじけて実が出て来ます、さつま芋の実る頃は花は無く、あまり記憶ないのですが、この頁の写真を拝見しますと最近まで庭に咲いていたシャラ(夏椿)そっくりです。現在長野県に住んで居りますと、お茶の木や、武蔵野の欅の大木に囲まれた農家を見る事が、年に一回有るか無しか・・・空襲で家を焼かれ、腹ペコで
過ごした当時の苦い思い出に、生きている内に
一度ゆっくり上石神井から入曽まで、それとエビガニ取りに行った鷺宮、西武線沿線を旅して見たい、因みに当時住んでいたのは、新井薬師前駅から哲学堂へ下る途中。

投稿: 浅野 繁利 | 2006/07/28 17:03:02

懐かしいお茶の実、子供の頃を思い出しました。我が家の傍は、植木林に囲まれた寂しい所でした。そしてその周りには茶の木が垣根のように取り囲み持ち主の方が、自家用に、お茶を作って飲んでいたのでしょう、何十ねん振りに見てとても懐かしく思いました。

投稿: ゆりや | 2006/07/28 20:48:38

垣根に植えることが減ったのはチャドクガのせいでもあると聞いたことがあります。
ツバキにもいますけど。

投稿: ハル | 2006/08/07 0:00:18

台風が来ますね。先月の豪雨も大変でしたでしょう、茶畑に被害は無かったですか?
今夜からまた、まとまった雨が降るようです。
被害がないと良いですが・・。
ブログをいつも楽しみに読ませて頂いています。
知らなかった事ばかりで、これからも興味津々です。

投稿: 種田正弘 | 2006/08/08 17:39:17