« 2006年8月 | トップページ

2006年9月 6日 (水)

「お~いお茶 茶畑日記」第3弾“冬編”のお知らせ [伊藤園情報]

Pet0828_1_1


春真っ盛り、3月下旬にスタートした「お~いお茶 茶畑日記」も、「第1弾の新茶編」「第2弾の夏編」を乗り切って、今や秋の足音を聞こうとしています。早いものですね!


ここまで長い間、この「お~いお茶 茶畑日記」を続けてこられたのも、各茶産地の農家のみなさんや、伊藤園スタッフの協力、そして読者の皆様のあたたかい声援があってこそです。ありがとうございました!

_________________________


さて突然ですが、この「お~いお茶 茶畑日記 夏編」今回をもって一旦休憩とし、次の「お~いお茶 茶畑日記 冬編」に向けての充電期間とさせていただきます。2ケ月後の11月頃に、皆様に再開のごあいさつが出来ると思います。


ところで、「お~いお茶 茶畑日記 冬編」って何だろう?そんな風に興味津々なお茶ファンの皆様のために、再スタートを前にちょっとだけ内容をご紹介いたしましょう!



「お~いお茶 茶畑日記 冬編」~予定されている内容のお知らせ!


「お~いお茶 ホット用ペットボトル開発秘話!」 

コンビニエンスストアや自動販売機などでおなじみの、冬場に嬉しい「お~いお茶」のホット用ペットボトル。このホット用ペットボトル緑茶は、伊藤園が2000年秋に飲料業界で初めて発売した商品であることをご存知でしたか?業界に先駆けた、ホット用ペットボトル緑茶開発の歴史を紹介します。


「お茶農家、冬のお仕事」

お茶農家のみなさんは、冬の間どんな農作業をしているのでしょうか?私も実際に体験して、お仕事の様子や、お茶農家のみなさんの生の声をお伝えします。



どうですか、面白そうでしょう!?この他にも、皆様に楽しく読んでいただくだけでなく、「なるほど!」とか「へえ~、そうだったのか!」思ってもらえるような、お茶にまつわるたくさんのお話しをしたいと思っています。楽しみに待っていてくださいね!私もみなさんにまたお会いできるのを、とっても楽しみにしています。


というわけで、今度は「お~いお茶 茶畑日記 冬編」でお会いしましょう。


それまでみなさん、お元気で~!

Makinohara_l_1

8月上旬 静岡県牧之原市で撮影 真夏のお茶畑

2006年9月 6日 | 伊藤園情報 |
| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

皆様のコメントに、お返事書きます! [伊藤園情報]

Ariake_s_2

7月下旬 鹿児島県有明町で撮影 

三番茶の摘採が済んだお茶畑


これまでこの「お~いお茶 茶畑日記」は、皆様から実に多くのコメントを寄せていただいています。ありがとうございます!

皆様からのコメントは、私にとってまさに活力の源でした。


そこで今回は、一部になってしまいますが、皆様からのコメントに、感謝の気持ちを込めてお返事を書こうと思いま~す。


__________________________


では、早速最初の方から・・・。



tak さんより

6月16日

「伊藤園の茶畑づくりについて また聞いてきました」 へのコメント

お茶が足りなくなるなら作っちゃえ的な
考え方って大好きです。笑
結果的に緑も増える事になり環境的にも良いことかと。
伊藤園さん頑張ってー。


伊藤園の“茶産地育成事業”については、茶畑日記「第1弾 新茶編」でも4月20日「茶産地育成事業①伊藤園農業技術部の方に聞きました」や、4月21日「茶産地育成事業②お茶の樹の成長について」で記事にしましたが、今回の「第2弾 夏編」でも触れさせていただきました。


それだけ私が注目している伊藤園の取り組みです。

皆様もよろしければ、もう一度読み返していただけたらと思います。


Miya_2_1_1_1


宮崎県都城市

茶産地育成事業によって植え付けられた、まだ若いお茶の樹




まりんさんより

7月14日

「伊藤園の工場に行ってきました~静岡相良工場 仕上げ加工編」へのコメント

東名高速で静岡を通過する度、相良工場をいつも眺めました。お茶=静岡、それだけの認識しかない私には、ごく普通の眺めでした。「茶畑日記」を読み始め、全国の銘茶がここに集められ、ブレンドされる事を知りました。今年は2度バスツアーをしましたが、ガイドさんは必ず「静岡が日本一の生産量はご存知でしょうが、2位は何処でしょう。」と質問します。私は真っ先に挙手!
「鹿児島です。3位が三重!」(*^.^*)エヘッ
勉強になるブログですよね。



~この「お~いお茶 茶畑日記」がお役に立っているようで、私も嬉しく思います!

伊藤園 静岡相良工場へ実際に訪れて、荒茶(あらちゃ)が仕上げ茶になる過程を見ることができたのは、お茶ファンの私にとって、とても幸せな経験でした。

また、茶葉の長所を最大限に引き出す事が出来る火入れの方法、伊藤園が採用している“後火方式”など、栽培から仕上げ加工まで、伊藤園の妥協の無いお茶づくりの姿勢を垣間見ることが出来ました。ますます、「お~いお茶」のファンになってしまいますよね~。



yuriyaさんより

8月2日

「真夏のお茶づくり」へのコメント

いよいよ猛暑の季節到来、お仕事の様子を拝見いたしました。私達は、暑いとき飲む一杯のお茶に、どんなに癒されることでしょう。でも、その陰には、作っている方の並々ならぬ、努力の結果に、改めて、感謝の気持ちです。どうか、お体に気を付けて頑張ってください。



~そうなんですよね、私もとっても感謝しています。伊藤園スタッフのみなさんはもちろん、茶産地で懸命に働くお茶農家の方々の苦労や努力を知れば、1杯の「お~いお茶」にも多くの人々の思いが詰まっていることが分かります。


yuriyaさんの気持ち、きっとお茶を作るみなさんの心に届くと思いますよ。


S_factry_1_3


真夏の荒茶工場の中です。

あの時は、暑かったなあ・・・。でも、私にとって今やいい思い出です。




mocoさんより

8月9日「緑茶レシピ 真夏に嬉しい冷たいデザート・ドリンク編 」へのコメント

緑茶豆乳ヨーグルト風味、はまってしまいました!レモン酢でも美味しいですよ。
夏の高校野球、ついに決着がつきましたね。
ドリンク楽しみながら、毎日観戦でした。

今年の夏は、おーいお茶濃い味 を何度も飲みました。こちらにもはまりました!!



~気に入っていただけたようで、私もとっても幸せです。トラックバックでレシピを教えていただいた、ピョラギさんにも感謝いたします!私も実は、お~いお茶シリーズの中でも「お~いお茶 濃い味」お気に入り。“濃くて美味しい緑茶”がつくれるのは、原料調達力と製造技術に優れた、お茶の伊藤園だからこそだそうですよ。


Tou_3


大人気を博した「緑茶豆乳ヨーグルト風味」

お試しあれ!


皆様からの質問や、あたたかい励ましのお言葉にとっても感謝しています。残念ながらここでは紹介しきれなかったコメントをくださった方、またトラックバックでお茶に関する情報をお寄せくださった皆様にも、心から感謝の言葉を伝えたく思います。


本当にありがとうございました!

2006年9月 1日 | 伊藤園情報 |
| コメント (2) | トラックバック (0)