2006年8月22日 (火)

お茶処静岡「農作業体験記」~深耕(しんこう)作業編 [茶畑生活(ビデオ付き)]

Shinkou_1_1

8月初旬撮影 

深耕(しんこう)作業を行う、静岡県牧之原市のお茶農家水嶋千利(ちとし)さん


さて、そろそろ恒例となってきました、私の茶産地での農作業体験レポート。今回は、牧之原市で茶業を営む茶業家、水嶋さんにお願いして、深耕(しんこう)作業と呼ばれる農作業を体験してきましたよ~。

__________________________


まず、深耕(しんこう)作業は一体どんな作業で、お茶の樹を育てる上でどんなよい作用があるのかお話しします。

深耕作業とは、読んで字の如く、お茶畑を“深く耕す”作業です。畑の条件によっては行わない場所もありますが、静岡ではたいてい二番茶の摘採が終了してから、2ヶ月くらいの間にタイミングを計って行います。有明町などは、三番茶の摘採後に行ったりもします。

効果には、大きく分けて次のようなものがあります。


・耕すことで土に空気を入れ、肥料が土深くまで浸透しやすいようにすること。


・耕すことで、土中で横に張ったお茶の樹の細かい根を切り、そこから新たに強く太い根を出させること


・土を掘り返すことで雑草が育つのを防ぐこと


見ていただいて分かるように、お茶畑の管理にとって、とっても大事な作業のひとつなんです。


~水嶋さん、今日はよろしくお願いします。


「さーて、今日はせっかくだから、たっぷりと耕してもらうでね~。」


~ははは・・・。お手柔らかに~。


まず水嶋さんが、深耕専用の機械を使ってお手本を見せてくれました。機械の先端に付いた鍬(くわ)が、力強く土を掘り起こしてゆきます。なるほど!

Suki_1   Suki_2_1

鍬(くわ)の先端部分(写真左)と、深耕機が土を耕す様子


~わかりました!私もやってみます!その機械、ちょっと借りますよ!


「何を言っとるの。若いもんは、こっちを使ってね。」

Suki_3_1

(ガーーン!!)


~ええー!思いっきり人力じゃないですかぁ。

・・・うーん、でもしょうがない!何事も体験です!任せてください!


案の定、数分後には汗まみれ、腰痛状態に・・。畑の土の中には石が混じっていることもあり、かなりの重労働です。へとへとになっている私のそばで、水嶋さんの奥さん、友子さんがすいすいと土を耕してゆきました。すごい・・。深耕機が入ることが難しいお茶畑の狭い部分や急な斜面では、今でもこういった人力での深耕作業をするそうです。


Shinkou_3_1

すいすい耕す友子さん 


毎回農作業を体験して感じることですが、確かに日々の農作業は肉体的に疲れるものでしょう。ほんのさわりだけしか体験していない私にも、それはしみじみと分かります。でも、こうして流した汗はとても気持ちのいいものです。また、そうした中で育てたお茶の葉を摘採する時は、どんな気持ちなんだろうと感じました。


水嶋さん、お仕事のお忙しい中、貴重な体験をさせていただきありがとうございました!


_________________________


「茶畑ビデオ」~深耕(しんこう)作業の模様


Shinko_t_3_1

深耕作業の模様を、ビデオに撮ってみました


button_win  button_mac

2006年8月22日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

お茶農家~雑草とのお付き合い [茶畑生活(ビデオ付き)]

Zassou_1_3

強い日差しの下で、青々と伸びる雑草


梅雨時期に降った豊富な雨とここのところの好天続きで、お茶はすくすくと育っています。でも困ったことに、それだけ道端や茶畑の中の雑草も、のびのびと育ってしまうんですね~。


草が勢い良く伸びるこの夏場は、除草作業をする農家のみなさんの姿をよく目にします。そこで今回私は、より深くお茶づくりの現場を知るために、除草作業を実際に体験してみることにしました。

_________________________


除草作業も、お茶農家のみなさんにとっては、重要な作業のひとつです。お茶畑の横や土手に生える雑草は、視界を妨げたり農作業の邪魔になるからです。


Josou_3_1

草払い機で草を刈る、畑山豊子さん


ある曇りの日の午後、私は有明町のお茶農家、畑山豊子さんにご協力をいただいて、お茶畑の除草作業を体験してきました。豊子さんは手馴れた感じで草払い機を操り、土手に生える雑草を綺麗に刈っていきました。土手を刈ったあとは、平地に生える草も大型の草刈り機で入念に刈ります。

Josou_4_1

平地は大型の草刈り機で刈ります


さて、草払い機のエンジンとタンクを背負って、私もいざ、草刈り体験!最初は調子よく草を刈っていたものの・・・


「うう、結構重いぞ、これ・・」


本体の意外な重さに徐々に左腕がパンパンになってきました。曇りと言っても湿度は高く、たちまち汗が流れ出てきます。おまけに勝手が分からないものですから、草だけじゃなくて土手の土まで一緒に削っちゃって、作業ズボンが泥だらけに・・・。情けなや。


Josou_5_1

「重いよ~!」 左手が徐々に重くなる・・


そんな私を見かねて豊子さんが交代してくれ、すいすいと草を刈っていきました。私の母親に近い年齢なのに・・。やっぱり農家のみなさんは、タフです!


雑草と言えば私は以前、苗木を植えたばかりのお茶畑で、ちょっと不思議な光景を目にしました。まだ丈の低い苗木の列と列の間に、草が青々と茂っているのです。これは一体?このお茶畑の持ち主は、草取りをさぼっているのかしら?


Zassou_2

何故?お茶の幼木の周りに草が生えてるのか?


その理由は、茶農家の方に質問してすぐに明らかになりました。地形や気候などの関係から、全ての茶畑で実施しているわけではないそうですが、この草は台風が来たときの強風避けの目的でわざわざ種をまいて生やしているんですって。植えたばかりのお茶の幼木は、根の張り方が浅く、強い風に影響を受けやすいのだそうです。特に九州地方は、台風が多いですからね。

また、台風のシーズンが去った後にはその草を刈り取って、そのまま幼木の脇に置いておくことで良質な堆肥(たいひ)として再利用もできます。なるほど!ここにも、お茶農家のみなさんの知恵が活きていました。


お茶の樹にかける手間隙とお茶づくりにかける愛情が、左手の筋肉痛と一緒に深く私の心に残りました。これからも、美味しい「お~いお茶」をみなさんのお手元に届けるため、お茶農家のみなさんの努力はまだまだ続きます!


「茶畑ビデオ」~真夏のお茶畑


Summer_3_t_1

7月下旬撮影

太陽の照りつける真夏のお茶畑を、ビデオに撮ってみました


button_win  button_mac

2006年8月 4日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

お茶の樹植え付け体験 [茶畑生活(ビデオ付き)]

Shin_syoku01

5月30日撮影


前回の茶畑日記で、「お茶の樹の成長について」というタイトルで、お茶の樹の赤ちゃんといえる苗木を植えてから、お茶の樹が実際に成長し、摘採が行われるようになるまでを紹介しました。


実は先日、私は実際にお茶の苗木の植え付けを有明町で体験する事が出来たんです。

梅雨時には珍しく、気持ちよく晴れた空の下、とっても貴重な体験をしてきました。今日は、その時の模様をレポートいたします。


_____________________________


植え付けをした当日は、まぶしいくらいの日差しの中、鳥のさえずりが聞こえる気持ちの良い日でした。踏みしめる畑の黒い土は、いかにも栄養満点といった感じのふかふかさで、私の黒い長靴の足底に気持ちの良い感触を伝えてくれました。


この日苗木を植える予定の土地面積は約3,500平方メートルで、これはサッカーコートの約半分に相当する広さです。ここに、2日間かけて約6,000本のお茶の苗木が手作業で植えられます。

7人の農家のみなさんで、お茶の苗木を一つ一つ丁寧に植えてゆきました。


Shin_syoku02

同日撮影


植え付けられた苗木


白く見えるのは、地表の水分の蒸散を抑えるためのビニール。苗木の状態ではまだ根の張り方が弱く、水分を吸収する能力が未熟なため、この白いビニールで保水しなければなりません。またこのビニールは太陽光を遮断する事で、お茶の樹以外に雑草が生えるのを防ぐ役割も持っています。


このようにデリケートな苗木は、細心の注意を払いながら、愛情いっぱいに育てる事が必要です。


さて、早速私も、みなさんに混じって苗木の植え付けを体験してみました。


Shin_syoku03

同日撮影


植え付けの様子


ビニールにまず穴を開けて、ポット(苗木を植えてある、主に紙で出来た小さな植木鉢)ごと苗木を植えてゆきます。ぐらつかないようにしっかり土を被せて・・と。


そして10数分後、


「アイタタタタ・・・!」

あわわわ、長時間続く中腰の体勢で、腰や膝が痛~い!おまけに、立ちくらみが・・。


お茶農家のみなさんは、さすがこの作業に慣れているのか、すごくタフに仕事をこなしています。世間話をしながら、リズミカルに苗木を植えてゆきます。強いなあ・・。私はと言えば、日ごろの運動不足がたたってか、次の日は全身筋肉痛に・・。情けない事ですよ。


1日の農作業を終え、広い畑に植えられたお茶の苗木を見て、みなさん満足気でした。今回植えたお茶の苗木が数年後に無事摘採を迎えられますように(祈り)。そしていつか、自分で植えたこのお茶の味を、私も実際に味わってみたいものです。


「茶畑ビデオ」~苗木植えのお手伝い


Shin_syoku

お茶の苗木を植えたときの模様を、ビデオに撮ってみました。



button_win  button_mac

2006年6月20日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (7) | トラックバック (1)

2006年6月12日 (月)

再びお茶の町 有明町より [茶畑生活(ビデオ付き)]

Hutatabi_01_1

5月下旬撮影

有明町の茶畑



「茶畑日記第2弾」では、これまでの中心舞台であった鹿児島県の他にも、宮崎県や、静岡県などにも私が出かけ「お~いお茶」に関わる情報をレポートします。


多くの茶産地からお茶に関する様々な情報をお伝えする事になるのですが、まずは前回の中心舞台であった有明町から、この「茶畑日記第2弾」をスタートさせることにいたしましょう。

_____________________


ということで、お茶の町・有明町に戻ってきました。有明町のお茶農家のみなさんは、新茶、つまり一番茶の摘採や荒茶加工を終え、次の二番茶の農作業で、相変わらずの忙しい日々を送っていました。そして私は、前回とってもお世話になった堀口家のみなさんと、とっても嬉しい再会を果たしたのです。


~みなさん、また、来ちゃいました~!

泰久さん 「何だ、また来たの?」

~また来たのって・・。泰久さん、相変わらず冗談きついなあ。(涙)

泰久さん「ふっふっふ。」


・・・いやー、照れ屋の泰久さんのジョークも健在で、嬉しい限りです!


(泰久さんや堀口一家について、詳しくはこちらを参照)

Hutatabi_02_4

二番茶葉の出来を入念に調べる

泰久さん


さて早速ですが、堀口泰久さんに二番茶について聞いてみました。そもそも、二番茶とはどういうものなんですか?


「二番茶は、読んで字のごとく一番茶の次に摘採されるお茶の事です。地域や品種によって差はありますが、新茶の摘採を終了してから大抵45日後ぐらいに、再び成長した茶葉を摘採したものです。


味に関して言えば、二番茶は新茶に比べてすっきりした飲み口で、少し苦味があります。脂っこいものを食べた後の口直しなどには、ちょっと苦い二番茶が合います。二番茶の味の方が好みだという人もいますよ。
また、一番茶に比べて、一般的にカテキンが多く含まれていると言われています。このカテキンは、緑茶の味の主成分である“ポリフェノール”
の一種で、美容や健康への効果ありと評判ですよ。」


~そうなんですか。第一弾の茶畑日記(2006年3月31日)でも出てきたカテキンが多く含まれているんですね。

なるほど、新茶とはまた違った魅力が二番茶にはあるようです。

~では、今年の二番茶の出来はいかがですか?


「まず、今年の新芽は、冬の適度な寒さのため休眠期間が十分に取れ、栄養分をしっかり貯えることが出来、春になって気温も順調に上昇し、とっても美味しい新茶となりました。

新茶の味や香りの良さは、二番茶以降の出来にも大きく関わってきます。ですから今年は、二番茶以降のお茶も期待できますよ!


~なるほど、二番茶の出来具合も楽しみですね!


泰久さん、ありがとうございました!


今後も「茶畑日記」では、二番茶、三番茶と、茶畑の様子にあわせて、多くのお茶情報をお伝えしていく予定です。みなさんどうぞお楽しみに!

_______________________


「茶畑ビデオ」~雨のお茶畑



Ame_130


5月27日撮影
梅雨時期、しとしとと雨の降る静かな茶畑です。


button_winbutton_mac

2006年6月12日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |
| コメント (2) | トラックバック (0)