« 茶産地 お茶請け事情 | トップページ | 日本茶のルーツを探る旅~その1 »

2006年11月21日 (火)

茶農家の若者 お茶修業密着レポート!

H05_1

鹿児島県有明町でお茶修業中の、若き茶農家2人

左から堀口晃(あきら)さん(22)と、村田和也さん(18)


今回は、鹿児島県 有明町で、お茶づくりの修業に励む2人の若者に密着取材をしてみました!次世代の茶業を担う若き後継者たちの、農作業の模様をレポートします。

________________________


堀口晃さんは、有明町のお茶農家、堀口家四男 堀口千郎(ちろう)さんの長男。村田和也さんは静岡県からの研修生で、2人とも現在は千郎さんの指導の下で茶業を学ぶ日々を送っています。密着取材の初日、朝7時頃に起きて彼らと簡単な朝ごはんを済ませ、早速私達はお茶畑に向かいました。


H01


さてさて今日最初のお仕事は、お茶畑への肥料ふりです。秋の虫が鳴き、気持ち良い秋晴れの日になりました。以前、「茶畑日記 新茶編」「茶畑レポートその4~茶畑に栄養」でお世話になった“どんぐり号”“菜の花号”が再び出動です!


H02_1


広いお茶畑に、2人で手際よく肥料をふっていきます。肥料の何とも言えないほんわかした良い香りが、辺り一面に広がっています。畑の土づくりは、美味しいお茶を育てるために最も重要な作業の一つ。管理の行き届いた栄養豊かな土から、「お~いお茶」の葉は育っています。



それにしても2人とも、まるで本当の兄弟のような、素晴らしいチームワークです!


Kusatori_1


日が傾きかけても、彼らの作業は続きました。これは、お茶畑の草取りの風景。畑を厳しく管理しても、雑草が生えることを完全には防げません。雑草が摘採作業の邪魔になることもあるので、こうして畑を見回って雑草を取り除くことは、地味ですが大事な作業の一つなんですって。


こんな大自然の中で毎日お仕事が出来ることは、都会暮らしの私にとってはちょっと羨ましい事ではあります。でも、実際に農作業をすることの大変さは、これまでの農作業体験で私にも身に染みて分かっているつもりです。お仕事のほとんどは肉体労働ですし、彼らにも目に見えない、多くの苦労があるのでしょうね。頑張って欲しいなあ・・。


Factry_1_1  Factry_2_1


翌日のお仕事は、荒茶工場の機械の整備。言うまでも無く、製造機械を整備して常に清潔にしておくことは、お茶の品質を保つためにとっても大事な作業です。

彼らは、今回紹介した他にも、日が昇って落ちるまで、数え切れないほど多様なお仕事を抱えています。しかし日々の農作業の中でそれらを一つ一つマスターしていく事こそが、一人前のお茶農家になるために避けて通れない道なのでしょうね。


Lecture_1


晃くんの父親でもあり、茶業の大先輩でもある千郎さん(写真 一番右)からの指導の風景です。2人とも、真剣な表情で聞き入っています。こうして美味しいお茶を育てる技術は、世代を超えて受け継がれていきます。


そんな彼らの日々の頑張りに感心した私は、ある夜、2人に一つ質問をしてみました。


~お茶農家としての、今の2人の抱負って何だろう?


和也さん「今、鹿児島で勉強し、経験していることは貴重な財産だと感じています。それらを、静岡に帰ってからの自分のお茶づくりに十分に活かしたいと思います。


晃さん 「今、学んでいることを地道に一つ一つマスターして、しっかりとした基本を形作ることが大事だと考えています。まずは一日でも早く一人前になって、父さんを安心させてあげたいですね。」



~なるほど、ありがとう!若いのに偉いなあ・・。私も見習って、頑張りますよ!

H06_1


「お~いお茶」の未来は、2人のような若き茶農家の頑張りにかかっています!
これからも頑張ってくださ~い!!


______________________


「茶畑ビデオ」~若き茶農家の作業風景

H_t_4

晃さんと和也さんの農作業の様子を、ビデオに撮ってみました。


button_win  button_mac

2006年11月21日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
茶農家の若者 お茶修業密着レポート!:

コメント

お二人の働きぶり、情熱に頭が下がります。
若いって、22と18とは、本当に若いんですね。期待しています。これからも頑張ってくださいね。

投稿: まりん | 2006/11/21 11:30:27

この二人の青年も休日には流行りのファッション
で街中をかっ歩していることでしょう。ということは、一見華やかな街中の若者たちも皆こうして次世代を担ってくれる方でいっぱいってことですよね。見かけだけで今の若者は・・・って考えた自分を深く反省しました。明るくひたむきに働く青年の姿に感動してます。今後も頑張ってください。肥料散布機の晃君のカメラ目線が微笑ましいです。

投稿: K・Y | 2006/11/21 12:29:22

故郷の静岡を離れ頑張っている和也くん、そして、一日も早くお父さんを安心させたいと言う晃くん、責任重大でしょうが、充実していますね。
大先輩の教えを受けて、今後とも頑張って下さいね。

投稿: moco | 2006/11/21 20:21:25

どこのお茶畑でも遠くから見ると雑草など見たことがありません。やっぱり、地道な作業の結果ですね。頑張ってください。

投稿: ロペ | 2006/11/24 22:04:12

同世代として、とても頼もしく思いました。
おいしいお茶のために一生懸命にがんばっている姿、とってもステキです。お二人が作ったお茶が飲めるのを楽しみにしてます(*´ω`*)

投稿: さーたん | 2006/11/27 19:51:25