« 第十八回“伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞”~ひきつづきご応募お待ちしています! | トップページ | お茶農家の秋から冬の農作業~その2 »

2006年12月15日 (金)

お茶農家の秋から冬の農作業~その1

Akiseishi02_1


寒さが深まり、外出がおっくうな季節になりましたね。しかしお茶農家のみなさんは秋から冬の間にも、お茶の樹の世話に余念がないと聞きます。では秋から冬にかけて、どんな農作業をしているのでしょうか?

_________________________


お茶を育てる上で最も重要で難しい作業の一つに、「整枝(せいし)作業」というものがあるのをご存知ですか?以前、「お~いお茶 茶畑日記」~夏編で紹介させていただいたことのある整枝作業ですが、お茶畑によっては秋冬番茶(※1)を摘採した後に、「秋整枝」と呼ばれる整枝作業をすると聞きました(※2)。そこで今回は「秋整枝」の模様を、私が実際に体験してレポートいたします!


※1 「秋冬番茶」・・・4~5月に摘採される一番茶(新茶)から始まり、夏の二番茶、秋の三番茶の摘採を経て、秋に摘採するお茶のこと。地域によっては摘採しないところもあります


※2 「秋整枝のタイミング」・・・奈良では10月下旬から11月中旬、鹿児島では10月初旬から10月下旬。静岡では9月下旬から10月上旬といったように、地域によって行われるタイミングに差があります。また、山あいなど比較的寒い立地にある畑では、先に延ばして春に行う場合もあります。


まず最初に、整枝」作業に関して簡単におさらいしてみましょう。整枝の目的は、お茶の葉の高さを一定の高さに切り揃えることで摘採を容易にするとともに、お茶の葉の品質を均一化することです。




Base_ns_f_1_1

イメージ図①「整枝を行っていないお茶畑」

(お茶畑の断面図 赤い点線---は、摘採を行うラインです)

整枝をせずに芽の伸び方にばらつきがあると、一定の高さでの摘採が難しく、摘む茶葉に品質のばらつきが生じる原因になります


Base_s_ff_2

イメージ図②「整枝を行っているお茶畑」


日頃から整枝を行い、高さが整っている新芽は、一定の高さでの摘採がしやすいため、品質のばらつきが生じにくくなります


今回は、伊藤園との契約栽培を行っている奈良県奈良市 月ヶ瀬のお茶農家、西中健さん・リンダさん夫妻のお茶畑にお邪魔して、私も実際に秋整枝を体験させてもらえることになりました。


私のような緑茶ファンにとっては、何ともたまらない体験です!



Sagyou01_1


まずはお手本にと、整枝作業を行う健さんリンダさん。お茶畑のうねを挟んで2人で整枝用の機械を持ち、歩調を合わせてお茶の葉を平行に刈り込んでいきます。息の合った、見事な共同作業です。


Chaba_1

きれいに刈り揃えられたお茶の葉


まるでお茶の樹の散髪ですね!このようにお茶畑の表面の高さを揃えることで、お茶の葉の品質を均一に保つことが出来るそうです。


Before_after_1


左側は整枝が終わってきれいに整ったお茶の樹。右側はまだ整枝を行っていないお茶の樹です。違いは一目瞭然!


さてさてお待ちかね、ついに私も実際に健さんと一緒に、秋整枝を体験です。エンジンの音が大きいので、健さんの手の合図のみが頼りです。どきどきする~。


Seishi1215


左右のハンドルの間には、鋭いバリカンのような刃が2列並んでいて、それらが逆方向にお互いスライドを繰り返すことで、刃と刃の間に入ったお茶の葉を切り揃えます。


・・・・うーん、やっぱり難しい。歩幅を合わせることだけでも難しいし、それに高速でスライドする刃先が怖くて腰が引けてしまい、身体から機械を遠ざけて持ってしまうんです。そのため、うねの端っこの葉を深く刈りすぎちゃいました。ごめんなさい~!



でもそうしていくつもお茶畑のうねを往復するうちに、何となく私もコツを掴んで綺麗に刈ることが出来るようになりました!


「大分上手になったやんか!キミも、立派なお茶農家になれるかもしれへんで。」


~うわー、うれしいお言葉です!わたくし、ホントにお茶農家を目指そうかしら・・。


Sagyou02_2

大自然の中、夫婦仲良く働く健さん・リンダさん夫妻


健さんリンダさんお忙しい中、貴重な経験をさせていただきありがとうございました!


秋冬番茶を摘採した後にこの秋整枝を行うことで、来年の新茶を摘採するときのお茶の樹の高さがほぼ決定してきますので、秋整枝はより美味しいお茶づくりのために、とても重要な作業なんですね。そんな秋整枝のタイミングや刃を入れる深さの調整に、お茶農家のみなさんは格別な注意を払うのです。


このところすっかり寒くなりましたし、屋外での農作業は本当に大変だと思います。お茶農家のみなさん、体調には十分気をつけて頑張ってください!


さて、次回は茶農家の秋から冬の農作業~その2をお届けいたします。

お楽しみに!!

_________________________


「茶畑ビデオ」~奈良県 月ヶ瀬 朝霧の中のお茶畑

Tsukigase1103_t_r_2

朝に発生する霧は、お茶の生育にとって非常に重要なものなんです

霧のゆりかごの中で、じっくりとお茶が育っています

button_win  button_mac

2006年12月15日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
お茶農家の秋から冬の農作業~その1:

コメント

リンダさん、大自然の中で頑張っていますね。
毎日の食卓も国際的でしょうか??
ちょっと興味があります。

投稿: moco | 2006/12/16 10:37:03

色々なコメント寄せてもらいおおきにです。
ところで、リンダの得意料理は野菜スープとかキッシュとかありますけど、1番は、椎茸の入ったかやくご飯です。本当においしです。
また、色々コメント寄せて下さい。

投稿: LINDAのDANNA | 2006/12/16 17:54:47

わーい、嬉しい!ご主人の健さんですか?
ベルギーからお嫁さんを迎えたんですね。
しかも、緑茶を栽培する農家に。すごい!
椎茸の入ったかやくご飯が得意??素晴らしいです。私は、一日一合弱しかご飯を炊かない女です。健さん、お幸せですね~。
キッシュって、ほうれん草を使った物しか記憶にないですが、色々食べられて良いですね。

投稿: moco | 2006/12/16 19:37:12

リンダさんとLINDAのDANNAさんはいつも本当に仲がいいですね(^0^*)
これからも2人で仲良くお茶作りがんばってください♪♪応援してます!!

投稿: LINDAのMUSUME | 2006/12/17 21:00:54

一見簡単そうに見える作業でも息が合ってないとできず、一つ一つの作業にちゃんと意味があり、手間を惜しまないことが大事なんだなと感じました。
これからも頑張ってください!

投稿: KHODKK | 2006/12/19 10:29:05