« フォトコンテスト・トラックバックキャンペーン~締め切り間近です! | トップページ | お茶農家の一年 »

2006年12月29日 (金)

緑茶のおいしい淹れ方大公開!

Irekata_t01_1


寒い季節にはやっぱり、心から温まるあたたかいお茶を飲んでほっとしたいですね。ホット用ペットボトル「お~いお茶」はもちろんのこと、ひと手間かけて急須で淹れたお茶というのも、とても美味しいものです。


そこで今回は、お茶のプロに聞いた「緑茶のおいしい淹れ方」をご紹介します!


____________________


何を隠そうこのわたくし、「茶畑日記」を始めてからというもの緑茶の魅力に目覚めてしまいました。


その影響もあり、鹿児島県志布志市 有明町のお茶農家、堀口泰久さんにプレゼントされた急須を使って、毎日のように緑茶を淹れて楽しんでいます。でも正直、まだまだお茶農家のみなさんの淹れるお茶の美味しさには敵わないんですよね~。


そこで今回は、さらに美味しいお茶を淹れられるようになるべく、静岡県牧之原市のお茶農家、村松久さんに美味しい緑茶の淹れ方を教えていただきました!


Muramatsusan_irekata_1



久さん 「しっかり覚えて帰って、緑茶のおいしさをみなさんに伝えてね~。」


~先生、よろしくお願いしま~す!


【村松久さん直伝 美味しい普通煎茶(せんちゃ)の淹れ方】


①「水を選ぶ」


美味しいお茶を淹れるには、美味しい茶葉を選ぶことはもちろん、どんな水を使うかが重要になってきます。正しい水選びは、茶葉本来の美味しさを最大限に引き出すためのポイントです。


水には“軟水”と“硬水”の2種類がありますが、軟水の方がお茶を淹れるのには適しています。水道水で淹れても問題はありませんが、塩素が含まれているので必ず沸騰させてから使うようにしてください。


②「お湯の温度を調節する」


お茶を淹れるときに次に大切なのは、お湯の温度の調整です。沸騰させた湯を人数分(今回は3人分)湯飲みに一度注ぎます。それを一旦急須に注ぎ、さらにその湯を湯冷ましに移し変えます。


Irekata04_1


今回は普通煎茶を淹れる最適な温度、70~80℃まで冷ましました。湯冷ましを持って「熱いな」と感じる程度で、湯気が勢いよく上がっている状態が目安です。湯冷ましがないご家庭の場合、代わりに湯飲みを使用しても全く問題ないそうです。


お湯の温度が熱すぎると、渋味の成分も一緒に溶け出して渋くなってしまうので注意しましょう。上級煎茶や玉露を淹れる場合は旨み成分のテアニンを豊富に含むので、渋みを抑えて旨みを十分に引き出すために、低温(50℃~60℃)で淹れます。


お湯の温度が、お茶の美味しさに大きく関わってくるんですね。


③【茶葉を浸す時間に注意する】


急須に茶葉を入れます。入れる量は1人につき3~4g(ティースプーン軽く2杯)です。冷まし終えた湯を急須に入れますが、このとき茶葉を湯に浸す“浸出時間” も、お湯の温度調節と共に重要なポイントです。


Irekata05_1


普通煎茶の場合、抽出時間は90秒から120秒。短すぎると茶葉の旨みを十分引き出せませんし、逆に長すぎると渋味が出てしまうんです。


④「美味しい注ぎ方」


Irekata08_1


浸出時間がきたら、人数分の急須に何度かに分けてお茶を注ぎます。こうすることで、お茶の濃さを均等にすることができますよ。一番美味しいとされる最後の一滴まで、しっかり注ぎきってください。


茶葉をそのままに2回目に淹れるお茶、つまり2煎目は、湯冷ましや浸出の時間を短くして早めに頂きます。3煎目は、より熱い温度で手早く淹れましょう。


1煎目は香りや深い旨みを楽しみ、2煎目以降はさっぱりした飲み口と、大人っぽい渋みを楽しめます。私の周りでも、1煎目の味が好きな人や3煎目が好きな人と様々な好みが見られます。ちなみに私は、1煎目の味がたまらなく好きです。


いかがでしたか?みなさんもこの方法を参考に実際にお茶を淹れて、自分好みの緑茶の淹れ方を探してみませんか?お友達や大切な人が遊びに来たら、ひと手間かけた美味しいお茶を淹れてあげてください。


_____________________


【緑茶の淹れ方ビデオ】

村松久さんにご協力をいただき、

緑茶の淹れ方の流れをビデオに撮ってみました。


Irekata_t2

button_win  button_mac


_________________________


さて、「茶畑日記 冬編」、楽しんでいただけましたか!?


今年はこれにていったん終了。次回は2007年1月4日に記事を更新する予定です。お正月には、鹿児島県志布志市 有明町のお茶農家、堀口さんのお宅を訪問するので、そちらのレポートも楽しみにしていてください!


今年1年間、ご愛読していただき、本当にありがとうございました。2007年も皆様に楽しんでいただける記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

2006年12月29日 | 茶畑生活(ビデオ付き) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
緑茶のおいしい淹れ方大公開!:

コメント

この一年間 色々勉強になりました。
お茶は静岡・・ぐらいの知識しか無かったので、全国に広がるお茶農家の実態を知って楽しかったです。来年もあるんですね?楽しみにしていますよ。お疲れ様でした。綺麗な写真、可愛いイラストも楽しみにしていますね。

投稿: まりん | 2006/12/30 15:43:40

あけましておめでとうございます。
今年も楽しいブログにして下さいね。

投稿: moco | 2007/01/02 15:17:07

新年明けましておめでとうございます。
美味しいお茶の淹れ方、とても参考になりました。
私は春夏秋冬、熱いお茶が大好きです♪
今年も美味しいお茶と素敵なブログを期待しています。

投稿: AKOM | 2007/01/03 22:23:06

年末に 某メーカーの高濃度茶カテキン?みたいなペットのお茶詰め合わせセットをお歳暮でいただきました。夜更けに飲んだら、全然眠れませんでした。お茶は普通が良いなあ!と感じました。
体脂肪は気にはなりますけれど。今年もブログを楽しみにしていま~す。頑張ってね♪

投稿: ももちゃん | 2007/01/04 18:15:04

お正月もあっという間に過ぎましたね。鹿児島のお正月、変わった風習はありますか?
こちらは中部ですが、クリスマスイヴを楽しみ、寺で除夜の鐘を撞き、神社に初詣!!
まあ、そこいら辺が日本らしいですね。今年もブログを楽しみにしていますよ。頑張ってね。

投稿: まりん | 2007/01/10 18:11:13

 お茶の産地で育ったこともあり
お茶には愛着があるのですが、
緑茶の淹れ方ビデオは参考になりました。
ありがとうございます。

 ビデオ中に後で鳥の鳴き声が
一緒に入っていて
見ているだけで
癒されました。

 実際に目の前で
村松久さんにお茶を淹れて
いただいた気分です。
ありがとうございました。

投稿: ララ | 2007/01/12 11:57:51